「オススメ」タグアーカイブ

Trush it

Trush it “chapter2”

予定調和不調和アクシデント&ハプニング!アート・オブ・テロリズム!! “Trush it” chapter2

2018.6.22(Fri)NOON 
22:00-4:30
Charge/ ¥2,000(w1d)

■live:
純日本製 新型 HIPWAVE INDUSTRIAL!
“ザンゲ”

東京[M/E/G/A/][HIPHOP最高会議]主宰!HIPHOPを宇宙まで...全開放MIX、レジェンダー!
“FDFANTA汁CHILLSTASKI”

超絶プリミティブ・パーカッション+クラウト・ダブベース!
“横沢道治 + 有本(IRIMITO)真悟”

■DJ:
DJ TUTTLE a.k.a.MarginalMan

■Live Painting Performance:
SOTA&AYU

■3DArt:
雄介

□Organized:TUTTLE [MarginalRecords]

Good Fellows

Good Fellows

6/17 (日) at 大阪梅田 Club Cafe Noon
Time 3:00pm-8:00pm
※未成年入場可能※
前売り 2,000&1D
当日 2,500&1D

■Special Guests:
唾奇
CHAN-MIKA with A Seh One Tones Band
Live
1SESSION
DOG SHOUT MOUNTAIN
ILLVANA
Sumie & Tribal Session
noricomic with 師匠

■DJ:
Purplize
Akinori Tamamoto
Host MC
World Inity
Photographer
IKUSHIGE MADMONKEY
Accessory Shop
Komo’s

—————-
公式Instagram @goodfellows_osaka
公式Lineアカウント @xen5330z
公式 email アドレス goodfellows.osaka@gmail.com
前売りチケットは公式Instagram、公式Lineアカウント、公式emailアドレスのどちらかまで代表者様氏名、人数明記の上ご連絡ください!
前売りチケットは限定150枚のみですので、お早めに!

Group A Japan tour in Osaka

Group A Japan tour in Osaka

2018/06/01(Fri)
OPEN 19:00 / START 19:30
ADM: ¥2,000(+1D)

■LIVE:
GROUP A

■DJ:
makiyama(hangesha)
ikebe(jack&ghetto)
ina

———————–
group A(グループ・エー)


留学先のロンドンで出会い、2012年1月に結成。現在はドイツ・ベルリンを拠点とした日本人女性2人組ユニット。トラックメイキング・シンセサイザー・ボーカル担当のTommi Tokyo(トミー・トーキョー)と、ヴァイオリンとカセットテープを使用したサウンドコラージュ担当のSayaka Botanic(サヤカ・ボタニック)からなるアヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ。

初期衝動がそのまま音に現れたようなシンセのノイズ、そこに加わるインダストリアル金属系爆音ヴァイオリンとねじが飛んだかのような叫び声は、ライブの途中に半裸で行われるボディーペインティングによって視覚情報へと変化し、その刺激によってさらに加速した音の混沌が最終的にノイズの波へと変化していく独自のライブパフォーマンスにより、結成当初より勢力的にライブ活動を行う。
エレクトロニックミュージックのパイオニアであるイギリスのThrobbing Gristle(スロビング・グリッスル)やCabaret Voltaire(キャバレー・ヴォルテール)といったメンツを現代に表現している。
2012年10月に1stアルバム『A』をリリース、「NYLON JAPAN」や「vice magazine」で取り上げられ話題に。2011年には宗教や儀式といった人間の精神と深く関わる神秘的な事物をテーマとした2ndアルバム『INITIATION』をリリースし、東名阪ツアーを敢行。同年5月には初の海外公演を台湾の「Urban Nomad Film Festival」にて行う。
6月には「六本木アートナイト」に参加、翌年には「Tokyo Art Book Fair 2014」でヘッドライナーを務めるなど、アート色の強いイベントにも多数参加。日本で3枚のアルバムをリリースした後、2016年にドイツの首都ベルリンに活動の拠点を移しGroup Aセルフ・リリースのアルバム”70 + a ”がポーランドのレーベル”Mecanicaよりアナログ化、またドイツの”Mannequin”から3曲入りEPの発売。今年6月のはNew EP Circulationの発売も控えている。

————-
group A…

Two Japanese women Sayaka and Tommi met in Lodon while they were both studying abroad there, and started this band Group A in January 2012. Currently there are based in Berlin, Germany. Tommi Tokyo creates tracks, plays synth, and sings, and Sayaka Botanic plays a violin, and sound collaging using cassette tapes. Group A is an avant-garde electronic punk visual-arts duo.
Their live performance is composed of synth noise, industrial violin sound and Tommi’s outstanding scream, which is like an immersion of their first impulsion. Adding to it, their body painting performance transforms sounds into visual, and accelerates a chaos of sounds. The chaotic noise eventually transforms into the wave of sounds.
Their music is so to speak updated version of Throbbing Gristle or Cabaret Voltaire.
They have released their first album “A” in October 2012, and contributed in magazines like NYLON JAPAN or VICE MAGAZINE. Their second album “INITIATION” is themed spiritual incidents which are deeply related to minds like religions or rituals, and they toured Tokyo, Nagoya, and Osaka. They first played outside Japan, Taiwan, in May 2012.
They have played in various art events either.
They moved ro Berlin in 2016 and released their album “70+a” from Mecanica. Later that theyve released 3 songs ep from Mannequin. They are going to release their new EP in june.

……….
Official website : http://groupaband.com/
Facebook : https://www.facebook.com/me.groupA
Bandcamp : http://groupa.bandcamp.com/
Soundcloud : https://soundcloud.com/group_a
tumblr : http://groupa-band.tumblr.com/
……….
#groupa
#experimental
#newwave
#minimalwave
#synthwave

NOOTRINO vol.4

NOOTRINO vol.4
5/26(sat) @NOON+CAFE
open22:00
Door/2500yen+1d
Adv/2000yen+1d

■LIVE:
DUVALI feat RUVBYTES
amanita feat Aya Ifakemi Yem
STEPAK-TAKRAW

■DJ:
Masanori Ikeda
TAN IKEDA a.k.a P.M.D.M.F!(BANDIT BUGGY)
CABARET(クンビア商店)

■LOUNGE:
Sound Channel Crew
Quido a.k.a DJ拓馬

■DANCE SHOWCACE:
Oremi (イファケミ道場)

■LIVE PAINT:
コンチョロック
NIRO

■FOOD:
Mr.SAMOSA
ダイナー空亀