タグ別アーカイブ: オススメ

NOON 13th Anniversary party!!!!!!!!!!!!!

NOON 13th Anniversary party!!!!!!!!!!!!!
2017.3.25.sat
open/ 20:00-5:00
place/ noon
charge/ 1000yen(+1d)

前身のDAWNから数えると23年という長い間、荒れ狂う関西クラブシーンの中心で踏ん張り続けて、国内外の様々なDJ、アーティストと数々の伝説的な素晴らしい夜を共にしてきたNOONが、この度、来たる2017年3月25日に13周年のアニバーサリーパーティーを開催致します!!
13年目の今回は、様々なジャンルやスタイルが交差する、NOONレジデンツパーティーのDJが一同に会します!!
一晩で様々なジャンル真髄を網羅するこの夜が、あなたにとって新たな音楽や、おもしろい人との出会いの場となれば、
これ幸いでございます。
DANCE TO THE ANOTHER FUTURE!!

■Main floor DJs:
aoyama toshiharu (time to the smith)
akihiro (niagara)
hara (timisoara)
kihira naoki (social infection)
nakamura kazumoto (jerryspunk)
okino yoshihiro (freedom time)
tuttle (marginal records)
sakurai yoshijiro (bossanova underground)
1945 a.k.a.kuranaka (zettai-mu)

■showcase:
Blitz and squash brass band (new orleans style brass band)
Amachua Box Allstars (japanese hiphop/mc showcase)

■2nd floor DJs:”noon Residents Party Allstars!!”
anorakdays (neo acoustic/indie pop)
asusal (techno)
britishpavilion (ukrock/rock)
el sonido es venerado (asia/worldmusic/experimental)
hangesha records (new wave/experimental)
longlongtrip (50s/60s/blues/funk)
map (rock)
metal night (HR/HM)
meme (latin/salsa/funk)
moldive (house/disco)
moyora (k-pop)
nu-labo (experimental/techno)
oops!!!! (soul/rock)
ruby thursday (rock)
vibes crossover (house/latin/cumbia)
vinylsession (jazz/crossover)

andmore..

■vj:
goraku

www.noon-cafe.com

www.noon-cafe.com

NEXT LEVEL

“NEXT LEVEL”
2017.3.12.Sunday Afternoon.
16:00-23:30
charge:
16:00-17:00(1500yen+1d)
17:00~ (2000yen+1d)

⚫︎DJ
Den
AOKI takamasa
KAZUMA
Akirha

⚫︎SOUND
Kamba



※出演者紹介…
■Den(NETA)

東京出身。ソリッドな質感をともなった精緻なグルーヴを削り出す独自のトラックメイクを確立する一方、音楽そのものの自由度を解放するヨーロッパ仕込みのタフでパーティ本位なDJスタイルが際立つDJ/トラックメイカー。6年半におよぶヨーロッパでの活動を経て、90年代後半にDJとしてのキャリアをスタート。2003年単身ヨーロッパへ移住し、2010年初頭に日本へ拠点を移す。DJの他にも、op.disc、Trapez、Soma、Autoreply、Cocoonなど複数のレーベルでのリリース、コラボレーションワーク、MIX CDへのトラック提供など、立体的な活動を展開。2014年からレーベルNETAを始動。



■AOKI takamasa

1976年大阪府出身。現在は大阪在住。
Born in Osaka, 1976. Presently living in Osaka.
RHYTHM + PHOTOGRAPHY
aokitakamasa.com



■KAZUMA

90年中頃、hiphopに出会い音楽にのめり込む。更にその先を探求し続け、experimental, jazz, ambient, abstract, house, tech house, techno etc常に純粋な音が生み出す、イマジネーションを掻き立てる空間を創造していくことを追求し続ける。音楽を通し、全ての人に心地よさと陶酔感に満ちた旅の共有を提示する。京都を中心に様々な場所を独自のネットワークでボーダレスに行き来する音好人。

MAP

MAP
3/11(土)

PART I 18:00-
\2,500(w/o 1d)
GIG:
Idiot Pop
birds melt sky
パソコン音楽クラブ
ALTER EAGO

PART II 22:30-
\1,500(w/o 1d)
DJ:
FREE THROW
MAP

※Part1来場者はノーチャージでPart2に入場可能。
※Part2は未成年入場不可。要身分証明証。

LongLongTrip

LongLongTrip
open/ 21:00-morning
charge/ 2000+1d
at NOON+CAFE

■paint:
hitch(WHOLE9) × sota

■DJ:
yokoyama宇宙 (MondayCosmic)
makiyama(hangesha record)
kohichi
taich (depth)
kiho

NOONにて、隔月行われるライブペインティング主体のパーティー”long long trip” 
今回は今一度[paint x DJ]の形を提案。DJの移行に合わせ、hitchとsotaによる打ち合わせなしの
B2B形式ライブペイント。
レギュラーDJ陣に加え、ゲストも多種多様、絵描きがどこまで音に反応できるのか!!!
前回の全方位型から、グッと焦点合わせてのコンセプチュアルな刺激を。
“One hour” をキーワードに,一晩の長旅にどうぞお付き
合いよろしくお願いします。


■出演者紹介…
paint/ hitch [WHOLE9]

1988年京都府生まれ加古川育ち。
大学在学時にWHOLE9を結成、
ライブペイントと壁画制作を中心に作品を作り始める。
写実的な人物画を通じて、
強く影響の受けたHIPHOPイズムをビジュアライズする。

Freedom Time presents Shuya Okino 50th BD & Jazzanova 20th

2017.02.25 (SAT) at NOON

Freedom Time presents
SHUYA OKINO 50th BIRTHDAY
& JAZZANOVA 20th DOUBLE ANNIVERSARY PARTY

Supported by brainstorm / FM802

Guest DJ :
ALEXANDER BARCK (Jazzanova / Germany)
SHUYA OKINO (Kyoto Jazz Massive)

DJ :
YOSHIHIRO OKINO (Kyoto Jazz Massive)

Freedom Time Lounge Floor DJ :
Takaharu Furutani
Yoshihisa Fujii
Koji Matsuda
Koichiro Murakawa
Masatoshi Nakagawa
Yukari BB
Masaki Tamura
Taihei Koyama

Main Floor Opening DJ :
Akihide Shimada
Atsushi Miyoshi
Daisuke Matsumoto
Koichi Sano
Shogo Yokoyama

Open : 21:00 Till Morning
DOOR : 3000yen (ドリンク別途)
ADV : 2500yen (ドリンク別途) / noonメール予約となります
info@noon-web.com
(イベント名/枚数/お名前/連絡先を記入して上記アドレスに送信して下さい。)

NOON
大阪市北区中崎西3-3-8JR京都線高架下
3-3-8NAKAZAKINISHI KITAKU OSAKA JAPAN
TEL/FAX: 06-6373-4919

2017年最初のFreedom Timeは、関西が生んだ世界的DJ沖野修也 (Kyoto Jazz Massive)の50歳バースデーと、ドイツのスーパー・プロデューサー・チームJazzanovaの結成20周年記念とういう豪華なダブル・アニヴァーサリー・パーティーとして開催決定!Jazzanovaからは2009年2月以来なんと8年振りにAlex Barckが登場します!Jazzanovaの最新Remixアルバムもリリース間近という絶好のタイミング!日独トップDJの共演によるクロスオーバー・シーンの一つの大きな節目を是非とも目撃して下さい!