「オススメ」タグアーカイブ

Equalize -Arne Zank (Tocotronic) Special Solo Live Set ‘Love From A to Z’ in Osaka

Equalize -Arne Zank (Tocotronic) Special Solo Live Set
‘Love From A to Z’ in Osaka

90年代のドイツのIndie Rockシーンから現れ最も成功をおさめ、今やドイツにおいて知らない人はほぼいないと言われる国民的バンドTocotronic。
そのオリジナルメンバーで、ドラマーをつとめるArne Zankのソロ・ライブセットが企画開始から約5年の年月を経て遂に実現!!

10/12 (Sat.)
Open / 21:00-
Entrance / 1700yen +1drink fee
RA: https://www.residentadvisor.net/events/1295457
[Techno, Deep Tech, German Indie, Live Set, Modular]

■Special Live:
Arne Zank (Tocotronic) from Germany

■Guest Dj:
DJ Compufunk (Compufunk Records)

■Djs:
Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ouchi-S
Koichi
Wataru Horiuchi

■Live:
BODIL (Node/Contakt)
Barium -Modular Synth. Live-
Kawano Yasunori -All Hardware Live-
Natsuki Kitaguchi -All Hardware Live-

Artist Profile:

■ARNE ZANK (Tocotronic)
アルネ・ツァンクは、非常に高く評価されているドイツのインディ・ロック・バンド Tocotronic
(トコトロニック)のバンド結成当時からのメンバーであり、最初のドラマーである
(結成当時、アルネ・ツァンクはドラマーではなかった。ドラマーがいないためドラムを始めた)。巨大フェス・ロラパルーザへの出演に代表されるような大規模なツアーやアルバム製作等、Tocotronicでの活動は非常に多忙であるため、ソロでの音楽活動は活発ではないが、厳選されたショーでのみ彼はソロプロジェクトを行っている。2019年10月、彼のライブを経験することが出来る稀有な機会が日本において実現した。彼の言葉で言えば、今回のライブのタイトルは、彼のソロ作品「Love
and Hate from A to Z」のタイトルの中のにあるLoveの方に焦点を当てた、すなわち「Love from A to
Z」のさらに別ヴァージョンである。
「Love and Hate from A to
Z」。このタイトルはあたかも感情の用語集のようである。そして、レナード・コーエンのイコノグラフィー的作品との関連を想起させる。事実、「Love
and Hate from A to Z」は、Folkpop、Minimal、House
musicなどといった多様な音楽の影響と技術的に多才なミュージシャンたちを結びつけたアルネ・ツァンクのソロ・アルバムのタイトルである。折衷主義といったことを省みず、可愛さとパンクのひらめきを全体的に絶妙に、かつ同時にミックスするということを創り出している。

ARNE ZANK (Tocotronic)
Zank is first and foremost founding member and drummer of the
criticially acclaimed German indie rock band Tocotronic.

With his solo project Arne Zank only plays carefully selected shows –
in October 2019 there is one of the rare opportunities to experience
his music live in Japan. Or, in his own words, id est the title of yet
another of his volumes: Love from A to Z.

Love and Hate from A to Z. That title sounds like a glossary of
emotions – and awakens associations to Leonhard Cohen’s iconographic
volume. In fact, Love and Hate from A to Z is the title of Arne Zank’s
solo album in which the versatile musician skillfully combines
influences as diverse as folkpop, minimal and house music. Despite all
eclecticism, Zank creates an overall subtle mix with flashes of kawaii
and punk at the same time.
————-
■DJ COMPUFUNK (Compufunk Records)
今年で21年目を迎える老舗レコード・ショップ”COMPUFUNK RECORDS”(コンピューファンク レコーズ)主宰。DJ
LOVEGOD名義で1990年代よりDJとして活動し様々なPatyをオーガナイズ、出演。楽曲も国内レーベルの Sound-Channel、
Grasswax、 Jet Set 、等への提供や、デトロイト”DJ 3000″ が主催する MOTECH
から4タイトルをデジタル・リリース。同レーベルのコンピレーション・アルバム”Broken Research 1 &
2″にも収録。また、オリジナル & DJ DEX (Underground Resistance061)
Remixを含COMPUFUNKヴァイナル・レーベルを始動。レーベル第2弾として、Mark Flash(Underground
Resistance078)Remixを収録した”A.I.SOUL EP”をリリース。WESSUN (EX. 土俵ORIZIN)
主宰レーベル”Nu Ance Records”第2弾にも1曲参加。COMPUFUNKヴァイナル・レーベル第3、4弾リリース予定など精力的に活動中。

————————
■BODIL (Node/Contakt)
様々なユニットを経て、2003年より関西を中心に活動を開始。テクノ、ハードミニマルのサウンドにアナログシンセ、ヴォーカル、メタルパーカッション等のライブパフォーマンスをおこない話題を集めてきたが、2014年よりシンセ・ニューウェイヴをコンセプトにキーボディストのサポートメンバーを加え、完全ヴォーカルスタイルの新生BODILとして活動を行っている。
2017年7月、LIQUIDROOM13周年で電気グルーヴのオープニングアクトを務め話題を呼ぶ。

————————
■ Ryoma Sasaki (Transit Records Kyoto)
Ryoma is a track maker and DJ who is well known in the Japanese
underground. He started his career as a musician in the early 90’s. He
has had a lot of experience in a variety of underground bands as a
guitarist and vocalist. He then started to participate in the club
music scene playing live and DJing, and was nominated as a finalist of
the Roland Groove Competition in 2000. He currently plays an
activepart in the Kansai scene, playing live and DJing in Kyoto and
Osaka,
and organizing the locally famous event Undermine at Kyoto’s
legendary Club Metro. His strong livesets have an excellent reputation
and he has played with prolific domestic and international artists
including Juan Atkins aka Model 500, Underground Resistance, Jeff
Mills, Carl Craig, Terrence Parker, Laurent Garnier, Stefan Goldmann,
Elektro Guzzi, Andy Vaz, Gunne&Zuckermann, DJ3000, Rennie Foster,
Hiroshi Watanabe aka Kaito(Kompakt/Transmat), , Bee Lincoln and many
more. In 2009 he started to run his own record shop “Transit Records
Kyoto” and as of next year started to run his own label, Transit
Records. The first release was Detroit legend Terrence Parker’s
“Beautiful Life” 12” with remixes by myself (Ryoma Sasaki) and another
Kyoto artist, DJ Itoi. And second release was the own title “Transit
EP” including a remix of his track by Tagträumer² (Black Fox
Music/Rauschzeit). After it, He released Stefan Goldmann’s brilliant
track “Empty Suit” as the 3rd release. The 4th release was the
coupling EP with Hiroshi Watanabe(Kompakt/Transmat) and 5th release
was the coupling EP with Bee Lincoln. Now the label is preparing Remix
EP of Ryoma’s work for the 8th vinyl release.
Until now, he did the Germany tour 10 times, and started Austria tour
in the last year: played at many clubs: Tresor. Berlin, Wilde Renate,
Golden Gate, Chalet, Cassiopeia, ipse.Berlin, Paloma, Molox Club,
Mikz, Crack Bellmer, Silbergold, Café Koz, Konfuzius Franz, Kraniche
Bei Den Elbbruecken, Kurzbar, Kaprowbar, Villa Nachttanz, Rhiz
(Vienna), Schlot (Linz) etc…

90年代初頭より本格的に音楽活動を開始。現在、主に、Live PA/Djとして活動中。 2007年、 カナダのレーベル・Dirty
Worksより、チャートで上位を獲得し、長期にわたってチャート・イン するロングラン・ヒットを記録したアルバム”Calling of
Amon”をリリース。そして、その後も コンスタントに楽曲をリリースし、2011年よりVinyl レーベル・Transit Records
Kyotoをス タート。ファースト・リリースとして、デトロイトのレジェンドDJの一人、Terrrence
Parkerの作品を、2013年にはレーベルの第2弾として、自身の作品”Transit EP” (Tagtrumer
Remix収録)(TR-001)をリリースした。2015年には、Hiroshi Watanabe氏とのカップリングEP “The
Bridge of Sounds EP”(TR-003)、2016年には、ベルリンのアーティストBee
Lincolnとともに”Transition
EP”(TR-004)、2017年6月、ベルリンの名門レーベルLebensfreudeのGunneとZuckermannのリミックスを収録した”Without
End Hour EP(TR-005)”をリリースした。2011年から現在に至るまで、計9回のドイツでのDJツアーを行い、テクノ・ミニマル系最高峰ク
ラブのTresor.Berlinをはじめ、Wilde Renate、GoldenGate、Cookies、Ipse Berlin,
Chalet等々、ベルリンの主要クラブに出演の他、フランクフルト、ハンブルグ、マンハイム等のクラブ、ハイデルベルク郊外の千人規模の山頂でのフェス等、幅広く出演している。さらに、昨年は、オーストリアのウィーンとグラーツでも公演した。こういった日本とドイツでの活動を通じ、ドイツのラジオ局に注目され、2014年、南西ドイツ放送(Sdwestfunk)の番組で、自身とTransit
Records Kyotoが取り上げられ約30分の番組として放送された。2018年1月、名門レーベルTrenton
Records主宰ReynoldのRemixを収録した”The Phase at Midnight
EP”(TR-006)をリリース。2000 and Oneをはじめとした著名アーティストから高い評価を得ている。現在、自身の作品のRemix
EP (TR-007/Vinyl)をはじめ数作品のリリースを予定している。

———————–
■Ouchi-S
Ouchi-S is a DJ who performs mainly in Kyoto and Osaka.
He started his career as Funk DJ in 2010, playing mainly funk,soul
and jazz music of the 60’s 70’s. He participated in a Kyoto’s
prominent deep funk party『FUNK78』at that time.
As he advanced in DJ’ing, he made a commitment to build his career by
playing house music like detroit house, deep house and tech house.
He also loves the vinyl and most of the time pilots turntables,
delivering a sound which boldly expresses his funkness.
Currently he is playing in an underground techno/house
party『Connected Underground』,『Deep Underground』,『yelltail』, all held
in “Kyoto Metro” that is legendary night club in this historical city.
In 2018, he released his own mix tape”inspired by there”.

OOIOO 滲ム ON 2019

OOIOO 滲ム ON 2019

Friday, 4 October
In Osaka

@ NOON+CAFE
大阪市北区中崎西3-3-8JR京都線高架下
3-3-8Nakazakinishi Kitaku Osaka Japan

Open 18:00 / Start 19:00
adv.3000 / door.3500 (+1drink)

w/ α area ( Soojiro from Abraham Cross )
CROSSBRED
DJ YAMA

sound :
kabamix

food : WOOST engine meals  
アジアの食卓と地球エネルギーをイメージして、
今の気分と食感のリズムを大切にお料理する亜細亜的移動食堂屋 

total info.
NOON+CAFE
Ph. : 06-6373-4919
MAIL: info@noon-cafe.com
http://noon-cafe.com

ticket
ローソンチケット(Lコード:55265)
e+ http://eplus.jp/

mail reserve
info@noon-web.com
件名に「10/4 OOIOO」と記入し、枚数、代表者さまのお名前と連絡先をお書きの上、
上記アドレスに送信してください。*基本的にキャンセルはご遠慮くださいませ。

■ooioo

YoshimiO を中心に、1995年より活動。
聴こえたり聴こえなかったり、律動したりしなかったり、そして、なんにも音がしなかったり。
好きな音が鳴って消えてゆくまでの瞬間と空気を拾い集めて繋いだ、
OOIOOという音楽の演奏集団。
2016年より加入した新ドラマーMISHINAを迎え、
より自由なドラム・アプローチとサウンドを獲得したOOIOOは、
細胞が抱える内宇宙のように、
各々が振動し自己を鳴らしながら、
1つの生命を成してゆく共鳴する集合体の姿。
その姿は New Album “ n i j i m u s i “ 作りました。
10.10 SHOCHYより日本先行発売予定(スペシャルアートワークにて)
2020年初旬、thrill jockeyより世界へ発売予定 

■αAREA (Sojirou from Abraham Cross)

 日本を代表するクラスティー、Abraham Crossのボーカリスト。dj discharge , 絵描きとしても異彩な顔を持つSojirou氏のソロ・プロジェクトαAREA。関西初登場なαAREAのsound artの解放

■YAMA (TUMULUS/PRHYTHM)

’94年よりDJ活動を開始。90年代最先端レコードショップの一つだったDMR大阪での勤務後、大阪のレコードパワースポットnewtone recordsでオープン時からバイヤーとして活躍し、現在もスタッフとして在席している。20~21世紀移行前後にEYEとの大阪伝説のパーティー『eep』をオーガナイズ、日本のパーティシーンに大きな衝撃を与え語り継がれる『FLOWER OF LIFE』に参加。2009年の皆既日食パーティー『L.S.D TOUR』や2012年の金環日食パーティー『MUSICO 6』など、壮大なプロジェクトにも参加している。今年2019年オーストラリアバイロンベイVitamin QのパーティでのDJも多くの反響を呼んだ。
ミックスCDにはCosmicLabより「SoaR」「Before the Wind」、BLACK SMOKERより「Cycle」、RaBiRaBiの過去音源を使った「Love goes on, Life goes on, Music goes on… 」などをリリースしている。フリースタイルなプレイで、さまざまなスタイルのパーティーにゲストDJとして呼ばれては、その場の雰囲気を意識しつつも「好きな音」をプレイし続けている。

■CROSSBRED

2003年結成。Rie Lambdoll(synthesizer/ programming/voice)とMAYUKo(synthesizer)の2人によるハードコア・エレクトロニクス・フィメルデュオ。
結成当初からインプロビゼーションによるノイジーでスペイシーな演奏スタイルに拘り、常に変化する強烈な音像と独特な宇宙観で存在感を魅せる。
レフトフィールド、テクノイズとも言えるその音と強烈なライブパフォーマンスに、コアなノイズシーンからパーティシーンに至るまで中毒者が続出。
2007年1stアルバム「kama sutra」、2010年2nd「ancient love」、2016年にはO.N.O(THE BLUE HERB)のレーベルSTRUCTよりDigital EP ”gigaz zaz da”をリリース。その他、これまでに国内外より多数の音源をリリース。
また、2007年からは、同メンバーによる変名ユニット”Synth Sisters”でも活躍している。

“The Lights”

“The Lights”

@NOON+CAFE
9/29(SUN) 18:00~24:00
¥2000/w1d

■GUEST
MONK α (Okayama/DJ)
MoneyJah (Fedup/BEAT LIVE)

■LIVE PAINT
TIM

■LIVE
JUMBO

■BEAT LIVE
0mSv

■DJ
MO-RI
NAO-K
INGA
Kohpowpow

Time to The Smiths -The Resurrection of Manchester-

Time to The Smiths -The Resurrection of Manchester-

2019.09.28 (SUNDAY)
17:00-23:00 at NOON

■DJs:
AOYAMA, SANO-P, NISHINO and WATTAN

■Vj:
YOSHIDA

Door: 1,500 YEN+1drink With This Flyer 500yen Off
If You Came From Another Country 500 YEN+1drink

会場受付にてRT画面、シェア画面またはキャプチャ画像などをご提示で当日料金から500円割引とさせて頂きます!

今回のスミスは、9月20日(金)よりNOON+CAFEで開催の写真展、Romi Mori Photography Exhibition 「Eternal Dusk West」の最終日9月28日(土)、
DJにWATTANを迎えてのオールナイト開催になります。写真展では、展示写真の販売、T-シャツ&ポストカード等の販売もあります。

Romi Mori(ろみ・もり)
神奈川生まれ。1981年渡英し、ロンドンのライブハウスで様々なアーティストを撮影。1984年、ジョニー・マーに渡した1枚のモリッシーのポートレートがモリッシー本人の強い希望によりTHE SMITHSの1stアルバムに起用される(近年それがオフィシャルTシャツにもなる)。1986年、THE GUN CLUBにベーシストとして加入。そのプレイは「Mother Juno」をはじめとする4枚のアルバムと1枚のライブアルバムで聞くことができる。1999年にはジーザス・アンド・メリーチェインのジム・リードらとともにバンドFreeheatを結成。ジーザス・アンド・メリーチェインのステージにもゲスト・ヴォーカルで参加。
日本国内では、どこか謎につつまれていたロミだが、東京で写真展を開催し、その姿を現した。Romi Mori(ろみ・もり)

HOOFIT

HOOFIT

2019.9.21.SATURDAY at NOON
23:00- Morning
ADM 2,000yen(+1d)

■GUEST DJ:
DJ Mu-R(GAGLE,JAZZY SPORT,PROCEED MUSIC STORE)

■RESIDENT DJs:
QUESTA (BMS)
DY (Sucreamgoodman,BMS)
MASH

■LIGHTING:
DISCOBALL iKEDA

■FOOD:
SETSUKO(極楽肴nd)
PIMER


■SUPPORTED BY COCALERO

DJ Mu-R (GAGLE / Jazzy Sport / Proceed Music Store)

仙台を代表するヒップホップグループ・GAGLE(ガグル)のDJ。95年にターンテーブルとミキサーを手に入れDJ活動を開始。自分の原点(90′s HIP HOP)を大切にしつつ、そこから派生する様々なジャンルをプレイ。ジャズ、ソウル、ファンクなどのルーツミュージック~ハウス、テクノ等、幅広いジャンルを取り入れながらも、唯一無二の研ぎ澄まされた世界感を構築するプレイスタイルから、ヒップホップファンだけに留まらず多くの耳の肥えたリスナーを虜にしている。GAGLEの活動においては、作品で聴ける切れと深みを併せ持つスクラッチ、ライブで魅せるLIVE DJとしての確固たるステージングスキルも評価が高い。LIVE MIXに拘ったMIX作品を定期的にリリース、そのスリリング&グルーヴィーな内容に多くのファンが存在する。地元仙台を中心に2005年から行われているDJパーティー 『Sound Maneuvers』を主宰。仙台、東北を中心に全国各地でプレイ中。18年11月に自身が店主を務める『Proceed Music Store』を仙台にオープンした。
https://twitter.com/DJMu_R
http://www.facebook.com/miura.koichi

Zettai-Mu Presents DUB-STUY JAPAN TOUR 2019

現在アメリカで一番勢いがあり 世界中で注目を浴びる NYブルックリン NO.1 SOUND SYSTEM !!!
Tour De Force、VON D、BUKKHA、DJ MADD、DUBMINE、BLIND PROPHET、MADPLATE SOUND有する 大注目の新興レーベル&サウンドシステム『DUB-STUY』初来日 !!!

OUTLOOK FESTIVAL NYC LAUNCH PARTYのオフィシャル・サウンドシステムでABA SHANTI-I、CHANNEL ONE、OBF、IRATION STEPPAS、Mungo’s Hi-Fi、YAADCORE、SHINE HEAD、Ranking Joe、OM UNIT、Numa Crew、MORESOUNDS、DUBKASM、GORGON SOUND、Adam Prescott、Jahtari、Radikal Guru、VIBRONICS、LIONDUB、SAM BINGAといったDub、Hip-hop、Drum ‘n’ bass、Dubstepとジャンルの壁を超え NYブルックリンの SOUND SYSTEM Bass Musicカルチャーを強烈に牽引するNYブルックリン NO.1 SOUND SYSTEM『DUB-STUY』FIRST TIME IN JAPAN !!!

———

ZETTAI-MU Presents
DUB-STUY JAPAN TOUR 2019
2019.9.20 (FRI) OSAKA

:: CAST ::
DUB-STUY (Dub-Stuy Records, Brooklyn, NYC)
KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)
HI-C
LIVE: BANYAROZ kiwi & pineapple
SINKICHI (Churashima Navigator/ budryukyu)
DJ NAGA(Aliens)
SHOP: LOVE BUZZ
and more…!!!

@ Noon,Noon+Cafe
TEL: 06-6373-4919
ADDRESS: 大阪市北区中崎西3-3-8 JR京都線高架下
3-3-8 NAKAZAKINISHI KITAKU OSAKA JAPAN
WEB SITE : http://noon-cafe.com

OPEN/START. 21:00
ADV : 1,900yen / DOOR : 2,400yen(入場時に1DRINKチケットご購入お願い致します)

・e+ http://eplus.jp
・NOON + CAFE : 06-6373-4919 /
・Newtone Records : 06-6281-0403 / www.newtone-records.com
・進化型古着屋”森” / https://mori.market

———

◎ OSAKA Friday 20th September at NOON + CAFE
 http://noon-cafe.com
◎ TOKYO Sunday 22nd September at CIRCUS
 https://circus-tokyo.jp
● Total Information
 http://www.zettai-mu.net
>> http://www.zettai-mu.net/news/1909/dub-stuy/

———
DUB-STUY

現在アメリカで一番勢いがあり 世界中で注目を浴びる NYブルックリン NO.1 SOUND SYSTEM !!! Tour De Force、VON D、BUKKHA、DJ MADD、DUBMINE、BLIND PROPHET、MADPLATE SOUND有する 大注目の新興レーベル&サウンドシステム『DUB-STUY』初来日 !!! OUTLOOK FESTIVAL NYC LAUNCH PARTYのオフィシャル・サウンドシステムで ABA SHANTI-I、CHANNEL ONE、OBF、IRATION STEPPAS、Mungo’s Hi-Fi、YAADCORE、SHINE HEAD、Ranking Joe、OM UNIT、Numa Crew、MORESOUNDS、DUBKASM、GORGON SOUND、Adam Prescott、Jahtari、Radikal Guru、VIBRONICS、LIONDUB、SAM BINGAといった Dub、Hip-hop、Drum ‘n’ bass、Dubstepとジャンルの壁を超え NYブルックリンの SOUND SYSTEM Bass Musicカルチャーを強烈に牽引する NYブルックリン NO.1 SOUND SYSTEM『DUB-STUY』FIRST TIME IN JAPAN !!!

Dub-Stuy is a Brooklyn-based collective representing sound system culture for the 21st century. Through its affiliated label, parties and other multi-faceted projects, Dub-Stuy has been a driving force behind a steady sound system and dub renaissance in New York City and North America In 2018 the collective expanded their sound and reach internationally. Following the release of their single ” Zapatillas” featuring Senior Wilson , they embarked on an extensive Summer tour in Europe, playing major festivals such as Reggae Sun Ska, Seasplash, Summer Vibration and One Love among others. In September they hosted their own Boat Party at Outlook Festival featuring a star-studded lineup headlined by OBF feat. Shanti D and Sr Wilson. Since 2012, the Dub-Stuy label has grown into a globally recognized home for sound system music, connecting old and new by taking inspiration from Jamaican dub, as well as hip-hop and contemporary bass music. The roster represents this breadth: bass-heavy modern touches from DJ Madd and Dubamine, classic flavours courtesy of Bukkha and Von D , and forward-thinking beats from Moresounds and Ras G . Alongside regular releases from label artists, Dub-Stuy’s own Riddim Series has been successful in reimagining dancehall reggae with vocalists from around the world. In New York the collective has been stringing up its hand-crafted sound system in streets and venues across the five boroughs for club nights, block parties and festival stages. Past guests have included Channel One, Iration Steppas, Mungo’s Hi-Fi , OBF , Dubkasm , Om Unit and Gorgon Sound , and collaborations have included Red Bull Music Academy, Dia: Beacon, Brooklyn Museum and more. Away from home, the crew’s selectors, Q-Mastah, 187 Sound and Lo have taken the Dub-Stuy vision and sound to parties and festivals around the world. Dub-Stuy’s live performances are dynamic, combining eclectic DJ sets with vocal performances and guest appearances from MCs affiliated with the label. Expect to hear tunes from the label’s catalog mixed in with the crew’s extensive collection of original dubplate productions that will be sure to rattle your walls!

★ Web site — http://www.dub-stuy.com
★ Facebook — https://www.facebook.com/dubstuy
★ Instagram — https://www.instagram.com/dubstuy
★ Twitter — https://twitter.com/dubstuy
★ Soundcloud — www.soundcloud.com/dubstuy

“LAST TRIP”

“LAST TRIP”

2019.7.5 at NOON+CAFE
start 22:00 / close 5:00
DOOR 1500+1d

■PAINT:
sota(comic heads)

■LIVE PAINT:
UC EAST

■GUEST DJ:
AKIHIRO(NIAGARA)
KA4U(MIDI_sai)

■LIVE:
rhy-s(depth)

■DJ:
TZ
KIHO

KANSAI CROSSOVER JAZZ :SUMMER SESSION

★2018.07.28 (SAT) at NOON
Freedom Time presents
KANSAI CROSSOVER JAZZ :SUMMER SESSION

■DJ :
YOSHIHIRO OKINO (Kyoto Jazz Massive)

and
KANSAI CROSSOVER JAZZ DJ’s
TAKAHARU FURUTANI
KOJI MATSUDA
ATSUSHI MIYOSHI
KOICHIRO MURAKAWA
SHOGO YOKOYAMA
RYO
MASAKI TAMURA
SHINTARO MATSUOKA
KOICHI SANO
TAIHEI KOYAMA

and Percussions :
MASAHIRO ‘HAMO’ MATSUO (John Doe)

■VJ :
GORAKU

■FOOD :
MUGS

Start : 21:00 Till : Late
ADV : 1000yen + 1 Drink Order (via Facebook Event Page)
DOOR : 1500yen + 1 Drink Order

PROTY OSAKA 14周年記念イベント “プロッティズムVol.14”

PROTY OSAKA 14周年記念イベント
プロッティズムVol.14

日 程:2018年7月21日(土曜日)
場 所:NOON + CAFE (大阪 梅田 ・中崎町)
時 間:22:00 〜
料 金:インターネット前売券¥2000 当日 ¥2500
☆PROTYピンバッジプレゼント

[ DJ:
HIRRO
同 (onag)
C40
人間宇宙
SEIICHI TAKAMATSU

ユウヤマスタケ 雪板遊技 写真展同時開催

#テクノ #テックハウス #nooncafe
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
プロッティ ユーロバイク

PROTYオンラインショップ👕👟
https://www.proty.com/shop

EUROBIKEオンラインショップ🚲
https://www.eurobike.net/eurobikeonline

534-0025
大阪市都島区片町2-8-1
06-6484-9797
営業時間: 11:00 ~ 20:00
定休日: 火・木曜日
駐車場有り
JR東西線 : 大阪城北詰駅1番出口アガル
JR環状線 : 京橋駅 徒歩7分
京阪電鉄 : 京橋駅 片町出口 徒歩5分
大阪メトロ : 長堀鶴見緑地線
・大阪ビジネスパーク駅 徒歩3分
・長堀鶴見緑地線 京橋駅 徒歩5分
大阪シティバス : 110 , 28 , 31 , 46系統 片町バス停

VOVIVAV 1st Album “ART PUNKS IS LOCALS ONLY” Release Tour w/サーファーズオブロマンチカ

VOVIVAV 1st Album “ART PUNKS IS LOCALS ONLY” Release Tour w/サーファーズオブロマンチカ

2018年7月1日(日)
NOON+CAFE(大阪・中崎町)
OPEN 17:00 / CLOSE 22:00
前売:3,000円 / 当日:3,500円 ※それぞれ別途1ドリンク代必要 ※中学生以下は無料
[チケット]
ローソンチケット(Lコード: 52565)/ e+ (http://eplus.jp
NOONメール予約:イベント名/お名前/連絡先/枚数を記入して info@noon-web.com まで送信ください。

■LIVE:
DODDODO BAND
MOAN
VOVIVAV
サーファーズオブロマンチカ

■DJ:
BING & KENJIRU-BIEN
K.E.I.(VOVIVAV)

———-
MORE INFO:
https://twitter.com/vovivav
https://www.facebook.com/vovivav
http://www.ooo-yy.com/gallery/16899.html
http://www.ooo-yy.com/news/16951.html